■大会概要

名称)
Kick off Festa 2011

主催)
Kick off Festa 2011 大会運営委員会

協力)
sankei SAL

会場)
味の素スタジアム

時間)
ビギナークラス 10〜14時
オープンクラス 14〜17時
※最低3試合保証

募集)
ビギナークラス 48チーム
オープンクラス 36チーム
入場無料
※社会人が1人以上含まれるチームは社会人チームとします。

応募締切)
2011年4月30日(土曜日)

申込手順)
1.下記より応募(必要事項を記入してください)
    ↓
2.大会運営委員会より確認の返信メール
    ↓
3.返信メールに記載した口座へ参加費のお振込み

参加申込


■大会形式

今大会の競技規則において、財団法人日本サッカー協会の定めるものに準ずる。ただし、今大会のみに適用されるローカルルール、および特段の注意を払うべきフットサルに特有なルールに限り以下に明記する。

競技形式)
1試合7分ハーフ(計14分)のランニングタイム
タイムアウトは適用しない。

ビギナークラス48チーム、オープンクラス36チームをグループに分けリーグ戦を実施 。
(1グループ4チームのリーグ戦を予定)
各グループリーグの勝ち抜けチームによるノックアウト方式の決勝トーナメント行う。

採点方法)
勝ち3点、引分1点、負け0点。
同勝ち点の場合は下記の順で順位を決定。
 1.得失点差
 2.総得点
 3.当該チームの対戦成績
 4.代表によるジャンケンの勝敗
※決勝トーナメントにおいて同点だった場合、1人目からサドンデス方式のPK戦で決定する。
決勝戦のみゴールデンゴール方式による5分間の延長戦を行う。
延長戦においても同点だった場合、3人ずつのPK戦を実施し、決着がつかない場合はサドンデス方式で決定する。ペナルティキックを蹴ることができるのはピッチ上の選手のみ。

審判)
主審1名、第2審判1名の2名で行う。

GKのプレー)
ボールが攻撃側の選手に最後に触れてゴールラインから出た場合はキーパースローにより競技が再開される。
味方競技者によって意図的にゴールキーパーにキックされたボールを手で触れた場合、相手チームの間接フリーキックとなる。
自陣内で4秒を超えてボールを保持した場合、相手チームの間接フリーキックとなる。
キーパーがボールを離した後、ボールがハーフウェーラインを越える前、または相手側によって触れられるかプレーされる前に味方競技者からボールを受けた場合、相手チームの間接フリーキックとなる。

キックオフ)
ボールがタッチラインから外に出た場合は相手側選手のキックインで競技が再開される。
キックインはタッチライン上にボールを静止させてから4秒以内に蹴らなければならない。
※フリーキック、コーナーキックの場合も同じ。
ラインを完全に踏み越えて蹴った場合には相手側のキックインとなる。

交代)
交代要員の人数に制限はない。
一度交代で外に出た選手でも再び交代してプレーすることができる。
選手交代はインプレー中でも自由に行うことができるが、選手が交代ゾーンから完全にピッチの外に出てから交代しなければならない。

反則) 
競技者が次の反則を犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックを相手チームに与える
・ショルダーチャージ。
・スライディングタックル。
※ゴールキーパーによる自陣ペナルティエリア内の正当なタックルは除く。
・5ファールは適用しない。

警告・退場)
選手の安全上、危険なプレーに対しては厳しく警告、退場の対象とする。
審判の判断に対する抗議は、警告、退場の対象となる。
警告、退場は次の試合に累積しない。
試合中に退場者が出た場合、時間が1分経過するか相手チームがゴールするまで人数を補充できない。
試合中の退場者により、コート内でプレーをしている人数が3人未満になった場合は、試合を放棄しなければならない。放棄したチームのスコアは0−5とする。

不戦敗) 
試合開始時間に競技者が3人揃わない場合は、その試合を0−5の不戦敗とする。

特典)
女性が得点者の場合は、加算点を2点とする。

その他)
スポーツ保険は大会運営委員会側で加入しますが、全額保証するものではございませんので各自で加入して頂くことをおすすめします。


トップへ戻る
inserted by FC2 system